検索

サイト内検索

ニュース

ダイエーユニオン様より、プレザンメゾン深江橋へ車いすを寄贈いただきました。

2019.08.26お知らせ

ダイエーユニオン様がプレザンメゾン深江橋にてボランティアを行いました。

8/25(日)、イオングループ労働組合連合会ダイエーユニオン様の有志の皆様が、ケア21の運営する介護付有料老人ホーム『プレザンメゾン深江橋』へご訪問いただき、ボランティア活動を行ってくださいました。

ボランティアに先立ち、ダイエーユニオン様より車いすを寄贈いただくこととなり、贈呈式を行いました。ダイエーユニオン西日本・出向対策グループ 阪和ブロック長の川勝宏一様より寄贈いただき、代表してプレザンメゾン深江橋 管理者の新居(にい)が車いすを受け取りました。歩くことが困難なご入居者様にとって車いすは、暮らしに欠かせない一部となっています。ダイエーユニオンの皆様には、ご高配を賜り心より御礼申し上げます。ご入居者様のために、大切に活用してまいります。

恒例 プレザンメゾン深江橋の夏まつり

プレザンメゾン深江橋では、8月恒例の夏祭りを開催しました。ご入居者様に振舞われた昼食は、普段いただく食事と違い、この日は行事食。夏祭りらしく、メインディッシュに焼きそば、フランクフルト、焼き鳥、たこ焼きなどが振舞われました。庭では、調理スタッフの他、介護スタッフも心を込めてたこ焼きや焼き鳥を焼き、ダイニングには夏祭りらしく食欲をそそるソースの香りや炭火焼き鳥の香りが立ち込めご入居者様も楽しみにされていました。

ダイエーユニオンの皆様には、夏祭りイベントということもあり庭でできあがった料理を厨房へ運んだりご入居者様へジュースを配膳するのを手伝っていただきました。約80名いるご入居者様は、10:00から第1グループの昼食が始まり、第3グループまで入れ替わりながら12:30過ぎまで昼食タイムが続きます。今回『焼き』に時間を要するメニューのために、料理も入れ替わるタイミングに合わせて急ピッチで配膳されます。
大阪のソウルフードでもあるたこ焼きは、ソースなしでいただく出汁を効かせた伝統的なやさしい味わい。たこ焼きを心待ちしていたご入居者様も多く、普段の食事はなかなか進まない方もペロリといただいてスタッフも驚くほど。3人がかりで焼いていた『たこ焼き』や、『焼きそば』などもボランティアの皆様のおかげで焼きたてを厨房へ素早く運ぶことができました。ご入居者様の笑顔を引き出すサポートを担っていただきました。

ボランティアの皆様のご協力もあり、スムーズにご入居者様へお待たせすることなく配膳することができました。
また、ご入居者様とのコミュニケーションも取っていただくなど、思いやりのある対応をいただきました。ボランティアの皆様には、多大なるご協力をいただきありがとうございました。

夏まつり第2部
ケア21フラダンス倶楽部によるフラダンス鑑賞。
ボランティアの方も一緒に、第2部のスタッフによるレクリエーションを鑑賞していただきました。

一覧に戻る