INTERVIEW社員インタビュー 若手社員

村田 千奈美

01

先輩や同期のおかげで、楽しいと感じながら仕事に取り組めるようになりました。

プレザンメゾン寝屋川 村田 千奈美

業務内容

入浴・排泄・食事・更衣の補助といった身体の介護や利用者の希望を聞くことなど生活のサポートです。

村田 千奈美

仕事のやりがい

利用者様と楽しくお話しすることができ、笑顔を見れる事です。利用者様から「頑張ってるね」と声をかけてくださると、もっともっと頑張ろうと思えます。

なぜ数ある会社からケア21を選んだのか

利用者様はもちろん、社員も大事にする「人を大事にし、人を育てる」という理念に共感し、「自分もここで育ちたい!」と感じたからです。

入社して感じたケア21の好きなところ、良いところ

入社前の会社説明会の時から社員の方の雰囲気がとても良く、社員同士の関係が良いなと感じていました。入社して今の職場にきてさらに、スタッフ同士の関係が良好であると実感しました。

仕事をする中で、印象的だったエピソード

仕事でうまくできなかったり、落ち込んでいた時に、他のスタッフの方がいつもと違うということに気づいて下さり、 声を掛けていただけたことが、すごく嬉しく感じました。

同期(介護・保育・障がい)との関わり 

同期の人たちとは、今悩んでいることを話し合えることができるので、本当に必要不可欠な存在であると感じています。

一年前と今の自分の一番大きな変化

入社当初は、介護の仕事をするのが初めてだったので、非常に不安に感じていました。しかし、様々なことを教えてくださる先輩、悩みを共有できる同期といった私に関わる全ての方のおかげで、不安な気持ちから楽しいと感じながら仕事に向き合えるようになりました。

将来のビジョン…5年後、10年後、どのようになっていたいか

介護福祉士の資格取得をまず目標においています。また、生活相談員として仕事ができるようになり、変わらずこれからも「仕事が楽しい!!」と感じられるように努力していきます。
1日の流れ
  • 8:40
    出社、申し送り
    夜勤者から、夜間帯のご入居者様の様子など報告を受けます。
  • 9:30
    入浴介助・洗濯
  • 11:00
    食事前体操、食事配膳
    スムーズにお食事を召し上がっていただくため、嚥下体操をして飲み込みやすくします。
  • 12:00
    昼食
  • 13:00
    入浴介助・洗濯
    午前・午後とも、他のスタッフと分担して行います。
  • 14:00
    レクリエーション・体操
    身体の機能を維持するために、身体を動かしていただくことは大切な時間。
  • 15:00
    配茶・おやつ
    ご入居者様同士やスタッフでの雑談が、何よりもたのしい時間。
  • 16:00
    ご入居者様の様子を記録
  • 18:00
    退社

楽観メーターとは?

求める人物像に「楽観的である」ことを掲げるケア21。入社前と現在でどのような変化があったか、楽観指数を本人にインタビューしました。もともと楽観的だった人、コーチング研修や仕事を通じて楽観的になった人など人それぞれ。楽観思考を養えるように、全社員に楽観ドリルを配布して、楽観的人材の育成に取り組んでいます。

最近のおもろかった話

村田 千奈美

「よいしょ」が口癖で、無意識で「よいしょ」と言っていたら、ご入居者様も一緒になって、 「よいしょ、よいしょ」と言ってくれるようになりました。

経歴

  • 龍谷大学 地域福祉学科卒。介護付き有料老人ホーム「プレザンメゾン寝屋川」に配属。施設にご入居されている高齢者の方の毎日の生活のサポートを行っている。
安田 勇斗

01

目標は管理者。先輩のように早く多くの引き出しを持てるよう日々勉強です。

あったかいデイ豊里 安田 勇斗

業務内容

基本的に子どもたちと関わって遊ぶことが多く、その中で、子どもに合わせた個別課題に取り組む個別活動を行っています。例えば、手先が不器用な子どもの場合は、手先を使った活動を用意したり、勉強することが苦手な子には、集中して取り組めるような活動を用意するなどしています。また、2歳から17歳という幅広い年齢層の子どもたちが10数人ほど通ってきていますが、みんな一緒に取り組める集団活動なども自分で考え、子どもたちに取り組んでもらっています。個別活動の内容は、成長に合わせて変えてみたり、前回をやった事を反復したり子どもたちが興味をもって取り組める工夫をしながら、理解が深まる内容を常に考えています。

事業のやりがい

入社時より9か月以上経ちましたが、日々「子どもの成長って早いなー」と実感しています。できなかった事ができるようになる。ひとつひとつクリアしていくと、自然に子どもたちの興味がより一層深まります。そこを上手く捉えて、次にチャレンジする課題を出して一緒にやっていくことで、もっとできるようになる。そして、子どもと一緒に喜ぶ。そんな瞬間に、やりがいを感じます。 最初は言葉も少ししか喋れなかったのに、言葉を少しずつ覚えていく過程で、「先生」ではなく、いつしか「名前」で読んでもらえた時はすごく嬉しかったです。子ども達の成長の早さに毎日驚かされています。

なぜ福祉の中でも障がいの分野を選んだのか

母が福祉の仕事をしている関係で、障がいのある子どもとも知り合える機会がありました。元々、教師を目指そうと思っていたこともあり、その子どもと一緒に遊んでいるうちにその子がすごく成長していくところを目の当たりにして、こういう関わり合い方もあるんだなと思ったのがきっかけです。入社する前にも、障がい児支援のデイサービスでバイトをしたことで、いろんな障がい児の子ども達と出会ったことが、後押しになったと思います。子どもたちの表情ひとつとっても、少しずつ表情が変わってきたり、その違いが分かったりと、その小さな気づきに気が付くようになったことも、障がい児支援についてもっと携わっていきたいと思ったひとつとなりました。

なぜ数ある会社からケア21を選んだのか

学生時代にバイトしていたデイサービスは、規模の小さい事業所だったので、もっと大きいところに行ってもまれて、組織の中で自分がどれだけできるかということも試してみたかった。それがケア21を選んだ理由です。

入社して感じたケア21の好きなところ、良いところ

スタッフの年齢層が幅広いので、わからないことがあっても的確に教えてくれます。自分のことを見ていただいて、気づいた点について話し合いながらアドバイスをいただいたりできる環境です。チームの一員としてチームワークを大切にしてスタッフ一丸となって仕事に取り組めるところもよいところだと思います。 同期と一緒に受ける研修でもチームワークを中心とした研修を受けることが多いですが、チームで良い雰囲気を作ることが根付いていて、その良い雰囲気が子どもたちにも派生して、和気あいあいとしたいい事業所であるところも、良いところだと思います。

仕事をする中で、印象的だったエピソード

先輩がみなさんすごいです!引き出しの多さに日々勉強です。見ている観点が違うというか、以前紙芝居を担当したことがあったんですが、その時は紙芝居をテーブルの上に置いてやっていました。ところが先輩から「木枠を作って紙芝居をやると、子ども達の集中力が違うよ」の一言で、木枠を作って実行してみました。そしたら全然聞いてくれなかった子どもも紙芝居を見てくれるようになったり、子ども達の集中力も全く違いました。先輩の引き出しの多さを見るにつけ、先輩から多くのことを学び、自分の引き出しに1個ずつしていきたいと思いながら、日々仕事に取り組んでいます。 もうひとつエピソードとしては、学校に行けなかった子どもがデイサービスに来てたんですが先輩の「デイサービスだけ来れるのはダメ。学校にちゃんと行けるようにするのも私たちの仕事だよ」の一言が印象に残っています。その子は、デイサービスに来るようになってしばらくすると学校にも行けるようになりました。この子の成長、特に「心が強くなったこと」が一番すごく成長した点だと思います。こうした子どもの成長を見ることができるのが、この仕事の一番の魅力だと思います。

同期(保育・介護)との関わり 

保育に行った同期とは、同じく対象が子どもで共通しているので子どもとの接し方など含め、自分にもヒントになることも多くいろんな情報を共有しあうことも多いです。高齢者を対象とした事業所へ配属になった同期とは、自分の事業所にはない出来事だったり、自分の知らない分野の知識や技術の話も多く、聞いていると興味が湧いてくる事もあります。お互いの近況の報告をし合うことで、同期とは「お互い頑張ろう!」という気持ちになります。

一年前と今の自分の一番大きな変化

仕事をするようになったことで、一番大きな変化は「責任」です。学生時代のバイトでは、責任は求められませんが仕事をするようになって、人と接する仕事だからこそ「責任」を持つ、持てるようになったことが大きいと考えます。実際、介護という仕事は誰かの人生に関わっていく仕事だと思うので、そこは責任をもって携わっていくことで、自分も成長していきたいと考えています。

将来のビジョン

将来は、管理者を目指したいと思っています。自分が配属された事業所の上司でもある管理者の方は、本当にたくさんの引き出しを持っているすごい方で、僕も早くたくさんの引き出しを持てるように頑張りたいです。自分が持っていない観点や考え方など、日々教わることも多く目標にしている方で、尊敬しています。「こんな管理者になりたい」と、思っています。
1日の流れ
  • 11:00
    出社。スタッフみんなでミーティング。子どもたちの前日の様子や親御さんからの連絡事項など共有します。
    一日の流れを再度確認した後、子どもたちの連絡帳の準備など事務作業を行います。
  • 12:30
    未就学児童の子供たちの送迎スタート
  • 13:00
    小さい子どもたちが集まったら、個別活動を行います。
  • 14:00
    小さい子どもたちの集団活動 / みんなで紙芝居などを楽しみます。みんなで近くの公園におでかけすることも。
  • 15:00
    おやつの時間 / 小学生以上の子どもの送迎がスタート
  • 16:00
    大きい子どもたちの個別活動スタート。宿題などを見たりしています。
  • 16:30
    全員で集団活動 / 紙芝居、風船運びゲームに取り組んだり、大きい子どもたちはツイスターをやることも。
  • 17:00
    終わりの会。今日一日やった事をふり返り、発表してもらいます。
  • 17:30
    帰りの送迎スタート
  • 18:00
    居残り組の夕食タイムスタート。 スタッフ手作りの美味しい夕食をみんなでいただきます。
  • 18:30
    自由時間。好きなことをして一緒に遊びます。
  • 19:00
    夕食後、居残り組の送迎スタート / 教室の掃除
  • 19:30
    次の日の準備を行い、個別活動や集団活動を何をするか決めます。
  • 20:00
    退社 皆さんお疲れ様でした!

楽観メーターとは?

求める人物像に「楽観的である」ことを掲げるケア21。入社前と現在でどのような変化があったか、楽観指数を本人にインタビューしました。もともと楽観的だった人、コーチング研修や仕事を通じて楽観的になった人など人それぞれ。楽観思考を養えるように、全社員に楽観ドリルを配布して、楽観的人材の育成に取り組んでいます。

最近のおもろかった話

安田 勇斗

子どもたちと一緒におでかけで防災イベントを見学に行きました。見学者が少なかったため、子どもたちも応急処置やAEDの練習に参加できました。主催者のおじさんが、「これはAEDだからAEDをカラダに充てる時は、マネキンに触ったらあかんよ~あかんよ~」って、ダチョウ倶楽部みたいにおどけて見せました。子どもたちが固唾を飲んで見守る中、おじさんがAEDをマネキンの胸に充てた瞬間! 「パンっ!」 一緒に見学していた子どもが、狙いすませて素早くマネキンを大声で叩きました。その声にみんなびっくり。狙いすませたその仕草も可愛くて、大人も子どももみんなで大爆笑でした。
※もちろんAEDに電気は入ってなかったです。

経歴

  • 追手門学院大学 心理学科卒。放課後等デイサービス「あったかいデイ豊里」配属。障がいを持つ子ども達をお預かりし、一人ひとりの成長に合わせて支援を行っている。
松本 由香

01

保育の大切さを感じ、子どもの成長を考えながら行動できるようになりました。

うれしい保育園都島 松本 由香

業務内容

・うれしい保育園都島で保育士として働いている。
・うさぎ組(2歳児)の担任として日々、子ども達へ保育を行っている。

松本 由香

仕事のやりがい

・子どもたちに必要とされたり、子どもの成長を実感できたとき。
・大きな行事が終わり、保護者の方に感謝されたとき。

なぜ数ある会社からケア21を選んだのか

・会社の経営理念が自分に合っていると思いました。
・新園の設立ということもあり、ゼロからのスタートに自分も関わり、挑戦してみたいと思ったからです。

入社して感じたケア21の好きなところ、良いところ

・入社前とギャップはなく、園長先生はじめ先輩の保育士の方々に働きやすい環境を作っていただき、感謝しています。
・同期同士の絆も固く、お互い支えあい、高めあえます。日々一緒に頑張っていこうとモチベーションも上がります。

仕事をする中で、印象的だったエピソード

・4月からうさぎ組で働き、初めは泣いていた子どもたちが成長したことが嬉しかったです。
・運動会ではどのクラスよりも泣いていましたが、生活発表会などを通して成長し、今では進学に向けてできることも増え、日々の保育の大切さを感じています。

同期(介護・保育・障がい)との関わり

・うれしい保育園都島の同期3人はお互いに支え合い、高め合い、良い関係を築けています。
・介護の同期は、新入社員研修のときのグループワークで、仲良くなった同期と近況報告などをし、会社の研修などで情報交換をしています。

一年前と今の自分の一番大きな変化

・自分からなんでもやってみようと実践するようになりました。
・子どもの成長のことを考えて行動し、カリキュラムを立てられるようになりました。

将来のビジョン 5年後、10年後、どのようになっていたいか

・5年後は保育士業務・保育スキルをあげ、子どもたちにより良い保育を提供できるようになっていたいです。
・10年後は責任を持つ職位に挑戦し、結婚をして子育てをしながら、家庭と仕事の両立をしていたいですね。
1日の流れ
  • 8:30
    出勤
    早朝から来ているクラスの園児を合同保育の部屋に迎えに行きます。
  • 9:20
    朝のおやつ、朝の会
    お歌をうたったり、登園のシールを貼り、出席確認します。
    カードでひらがなや数字の練習もしているため、2歳児で、「た行」まで全員が読めるようになっています。
  • 10:00
    設定保育
    おさんぽや、製作、体操などの活動を行います。
  • 11:30
    園児と一緒に昼食
  • 13:00
    園児がお昼寝している間に休憩をとったり、連絡帳や日誌を書きます。
  • 15:00
    おやつ、帰りの会
  • 17:30
    退社

楽観メーターとは?

求める人物像に「楽観的である」ことを掲げるケア21。入社前と現在でどのような変化があったか、楽観指数を本人にインタビューしました。もともと楽観的だった人、コーチング研修や仕事を通じて楽観的になった人など人それぞれ。楽観思考を養えるように、全社員に楽観ドリルを配布して、楽観的人材の育成に取り組んでいます。

最近のおもろかった話

松本 由香

・クラスの子どものふとした言動に担任とみんなで笑いあい、ほのぼのした空間があります。
・〇〇ちゃんが、豆まきの歌を「鬼はこっそり逃げていく~♬」を「鬼はひょっこり逃げていく~♬」と歌った時、かわいらしくておもしろかったです。

経歴

  • 大阪樟蔭女子大学 児童学科卒。認可保育園「うれしい保育園都島」配属。 持ち前の楽観思考を発揮し、園児と日々たのしみながら保育を行っている。