検索

サイト内検索

ニュース

東京都目黒区に認知症対応型グループホーム『たのしい家目黒東が丘』を開設いたしました。

2019.04.01ニュースリリース

4月1日、東京都目黒区では初めてのグループホームを開設!

認知症対応型グループホーム『たのしい家目黒東が丘』誕生!

 
株式会社ケア21(大阪市/代表取締役社長 依田 平)は、2019年4月1日より、認知症対応型グループホーム「たのしい家目黒東が丘」の運営をスタートいたします。株式会社ケア21は、総合福祉企業としてグループ全体で400事業所にも及ぶ事業を全国で展開しており、「たのしい家目黒東が丘」は、ケア21が全国で展開する認知症対応型グループホームの73番目のグループホームとして開設します。ケア21では、長年培ってきた独自の認知症ケアを確立しており、安心できる暮らしをサポートしています。

たのしい家目黒東が丘外観テラス

住み慣れた地域で、安心できるくらし

居室

「たのしい家目黒東が丘」は、東急田園都市線の駒澤大学駅から徒歩9分の閑静な住宅街にあります。お隣には保育園があり、子どもたちの声に元気をもらえる、静かながらも活気のある環境です。住み慣れた地域での生活を継続していただくため、地域社会との交流を大切にし、自宅での暮らしの延長となるような環境作りを行っています。
居室は、居心地の良いプライベート空間を確保している一方で、スタッフの心配りや目配りが行き届きやすい環境となっており、アットホームな雰囲気のなか、笑顔で日々の暮らしを快適に送っていただけるよう、サポートします。

交流や役割を担うことで積極性が生まれる、たのしい家づくり

リハビリで活用できる廊下

共に暮らしていく存在として職員も一丸となり、ご入居者様はもちろんご家族様にも安心いただける落ち着いた生活が送れるよう支援します。さまざまな交流などを軸に、地域に根差したグループホームとして文化活動を通し交流するなど、社会参加も積極的に行っていきます。そして、その地域や世代を超えた社会とのつながりを活用し交流を深めてまいります。
また、認知症ケアの一環として、たのしい家ではご入居者様とスタッフが協力して調理し、楽しく食事をします。明るい雰囲気の食堂とキッチンでは、できることから調理のお手伝いや調理ができなくても洗濯物をたたむなど、ご入居者様に役割をお願いすることで、自宅ではできなかった事がたのしい家で実現できるようになり、できる喜びが増えることで自立が芽生えます。また、日々の生活の中で機能維持を目指し介護スタッフが寄り添いサポートします。ご入居者様と一緒に笑顔が絶えない“たのしい家”づくりを目指してまいります。

ひとりひとりに合わせた質の高いケア

安心安全な暮らし

介護スタッフは、年間300講座以上の研修で技術を磨いてきた介護のプロフェッショナル。ご入居者様の機能維持や得意分野を活かせる生活支援を、心を込めて行っています。認知症についてもケア21が長年培ってきた独自の認知症ケアも確立しており、安心できる暮らしをサポートしています。ご入居者様の健康管理も、かかりつけ医による往診や医療機関との連携による医療体制を整えています。

価 格

◆【月額利用料】174,000円
◆ 施設見学について、随時受け付けております。
  施設見学のお申込みは、ケア21受付センター 0120-944-821(受付時間 9:00~18:00)まで。
◆たのしい家目黒東が丘はこちら  https://www.tanoshii-ie.jp/single109/



【本プレスリリースのお問い合わせ先】
株式会社ケア21
経営企画課 広報担当 菅田
Tel 06-6456-5696 / Fax 06-6456-5642
E-mail kikaku@care21.co.jp

PDF【2019年4月1日開設】たのしい家目黒東が丘プレスリリース(1MB)

一覧に戻る