検索

再生ボタン

サイト内検索

ニュース

大阪市淀川区で初の放課後等デイサービス 『リールスメイト加島』オープン!

2022.04.01ニュースリリース

大阪市淀川区で初の放課後等デイサービス

『リールスメイト加島』オープン!

株式会社ケア21(大阪市/代表取締役社長 依田 雅)は、2022年4月1日より大阪市淀川区にて、大阪市淀川区では初、大阪市で3カ所目の放課後等デイサービス実施する事業所として運営を開始します。株式会社ケア21は、総合福祉企業としてグループ全体で577サービス拠点にも及ぶ事業を全国で展開しており、ケア21が展開する障がい者(児)支援の放課後等デイサービス事業所全体では、14ヶ所目の施設として開設します。児童一人ひとりの特性や興味を生かし、心配りの行き届いたケアとサービスを提供してまいります。

大阪市淀川区に初出店の放課後等デイサービス事業所

JR東西線「加島」駅より徒歩2分。駅のターミナルに面したマンション群の手前にあるヨーロッパ調のビルの路面沿いのテナントに「リールスメイト加島」を開設します。リールスメイトは、大阪府でも北摂エリアと呼ばれるニュータウンエリアを中心に放課後等デイサービスの事業所を展開しておりますが、今回の「リールスメイト加島」は、大阪市では3カ所目となり、大阪市内の中心部に向かってまた一歩近づきました。
今後は、大阪市内をカバーしていけるよう事業所展開を見据えています。リールスメイトでは、子どもたちが放課後楽しみながら通えるよう、事業所ではやりたい事を自由にできる温かい雰囲気づくりを大切にしています。子ども達が毎日通うのが楽しくなりそうなワクワク感を作り出すようにしています。

自分で考える力を身に着け、ポジティブに考え行動できることを目指しています

「リールスメイト加島」では、子ども達が社会に自然に溶け込んで成長できるよう、まず第一歩として挨拶ができるようになることを大切にしています。挨拶は他者を思いやる気持ちの表れでもあり、「ありがとう」や「ごめんなさい」などの言葉が自然と言えるようになれば、コミュニケーションを円滑に進めていくことができます。また、事業所では遊びなどを通して問いかけを行うことで、子ども達が自発的に考え、選択し、自分の行動を決めていくという機会を増やすようにしています。例えば、良い事をしたら褒めると子ども達は喜びます。褒めてもらえたという笑顔の記憶を増やすことで、ポジティブな考え方の選択が容易になります。スタッフは個々の障がいの特性を理解した上でポジティブに考え行動できるよう状況に合わせてアプローチを変えながら、子ども達が自信をもって選択できる力を養うことで成長へと導いてまいります。

 また、子ども達の心の機微に合わせて小休止を入れられるよう相談室はエスケープルームの役割も担っています。相談室の照明は、子ども達の心が和み心理的に落ち着くとされる色である「さくら色」にできる照明を導入しました。子ども達が独りでいたいと思う時や、心を落ち着かせたい時など、照明をさくら色に変えることで、子ども達のためのエスケープルームとして活用してまいります。

プレイルームエスケープルーム

放課後等デイサービスの一日のカリキュラム

一日のスタートは、みんなでその日のスケジュールを始まりの会で把握します。活動は、個別活動と集団活動を行っています。個別活動では宿題が出ている児童は、宿題を終わらせることもできるし、読書をしたり、友達同士で遊んだり、それぞれの過ごし方を自ら決めて行動します。また、集団活動では、積極的に外へ出て散歩するなど身体を動かすことが主目的ですが、それ以外にも社会での体験を通して社会生活におけるルールやマナーを学びとっていきます。例えば、公園では遊具の取り合いにならないよう、順番を待つことの大切さが理解できるようになることで、公共のルールや社会生活を送る上での知恵が体験を通して身につきます。また、雨の日などで外出できない時などは、創作活動やレクリエーションなども取り入れ、多くのことに興味をもってもらうきっかけとし、自ら考え、行動できるようになるよう、子ども達と笑い合いそしてわきあいあいと楽しみながら、それぞれの進度で成長できるよう、スタッフ一同、ワクワク感を子ども達に与え、寄り添ってサポートしてまいります。

ミーティングテーブル

子どもたちも、ご家族も、スタッフも、楽しい場に

将来自立できる子どもに育つよう促し、その日子ども達がどのうような状況であったか、保護者の方へ報告します。例えば、デイサービス中の子ども達の成長ぶりや、友達同士でのびのびと一緒に遊ぶことで協調性を学ぶことができたなど、その日どんな状況だったかを保護者の方に把握していただくために報告してまいります。保護者の方に信頼を得ることで、より良い関係を築いていけるよう、保護者の方に対しても寄り添い情報共有しながら子供たちの成長を見守ってまいります。

Rirus

ご利用にあたって

ご利用者負担額

「通所受給者証」に記載された負担上限月額まで利用したサービス費用の1 割に相当する額。なお、負担上限月額に関する詳細についてはお住まいの市町村窓口にお問い合わせください。

各種費用

◎創作的活動の材料費 実費
◎おやつ提供の費用 1 回あたり 100 円(実費)
◎食事代 1食あたり400円

リールスメイト加島の詳細や見学受付は下記URLからどうぞ!

https://rirus.jp/place/mate_kashima/

本プレスリリースのお問い合わせ先

株式会社ケア21
広報担当 菅田
Tel 06-6456-5634 / Fax 06-6456-5642
E-mail welfare@care21.co.jp

PDF【2022年4月1日開設】リールスメイト加島プレスリリース(980KB)

一覧に戻る

ケア21 SNS公式アカウント

CARE21 Official Account
twitter instagram youtube