• ホーム
  • 社員紹介
  • リーダーになって感じたことは、ちゃんと伝える強さを持たなければということ
2015.03.05

リーダーになって感じたことは、ちゃんと伝える強さを持たなければということ

西日本介護事業部/1課/エリアマネージャー 古川智子
平成17年4月入社
■ケア21に入社したきっかけ
一言でいうと直感です!人と触れ合う仕事は変化や刺激があって面白うそうだと。直接人の生活に関わることなので、仕事ですが仕事っぽくないというか。人間性を磨ける仕事だと思います。ケア21は当時今ほど大きくなかったので、自分を出して頑張ったら、会社の中核を担えるようなチャンスがあるのではと思い入社しました。
■入社した頃の思い出
高齢者の方とお話するのが楽しくて……こんな楽しいことでお金をもらっていいのかと思うくらいでした。先輩方も好きなように学ばせてくれたので、先輩の働きぶりを横についてじっと見て盗むのも面白かったです。入社してすぐ、自分は管理者になってこの事業所を巣立とう、選ばれる働きをしようと密かに心に決めていました。
■リーダーになってからの私
1年目の終わりにサービス提供責任者になり、3年目に新規事業所の立ち上げの話が来たときは、“やっと来たか”という感じでした(笑)。
入社して2年半、ヘルパーとしてできることは一生懸命やって、充分に経験を積ませてもらいました。リーダーになって感じたことは、ちゃんと伝える強さを持たなければということ。マネージャーになった今も、人付き合いの奥深さと面白みを日々感じています。
■就活生の皆さんへのメッセージ
新卒で入社を考えている方は、いろんな会社の説明会にいっぱい行ってください!会社を内部のことまで見れる機会は他にはないし、純粋に就活って楽しいと思います。会社にはそれぞれ色があって、自分は赤色なのに緑を選ぶと入社した後に苦労すると思います。できたら同じ赤かピンクの会社を選ぶと同じ思いで心置きなく成長できると思います。働くからには、長く続ける思いをもってほしいし、そうするときっと大きく成長できますよ!