• ホーム
  • 社員紹介
  • 前の職場では介護をしていて、将来が見えないと思っていました
2015.03.05

前の職場では介護をしていて、将来が見えないと思っていました

西日本介護事業部/兵庫・北摂エリア/施設長 中村祥
平成24年1月入社
■ケア21に入社したきっかけ
前の職場だった施設を辞めてケア21に入社された方に誘われたことがきっかけです。前の職場では介護をしていて、将来が見えないと思っていました。施設ではなく訪問介護の配属と聞かされ、初めての挑戦でしたが、これも経験だと思いました。
■入社した頃の思い出
最初に配属されたのはケア21湊川でした。前に施設にいた頃はモノ(おむつ等)が使いたいだけあるのが普通でしたが、訪問は本当に無くてびっくりしました。営業・レセプト・移動時間など初めてのことばかりで、「過酷やなぁ」と思いましたが、介護を続けていくことを決めていたので、辞めようとは思いませんでした。
■リーダーになってからの私
管理者の話は来るものは受けようと考えていました。管理者になってみて、いい事業所にするには、「ささいなことでも何でも、みんなと話をしていくしかないな」と思っています。それと、見られる立場になったので、自分の行動が他の人に与える影響について考えます。そこが崩れるとリーダーとしての示しがつかないと思っています。
■入社を考えている皆さんへのメッセージ
仕事ばっかりになっていると、落とし穴があるので、プライベートは大事にした方が良いです。他には趣味とか何でもいいので、気を抜くところは絶対にある方が良いと思います。
僕も音楽をやっているので、興味がある人は、ぜひ一緒に演奏しましょう。